キャンピングカーの車窓から

キャンピングカーの旅とアウトドアライフ

車中泊と「くるま旅クラブ」

道の駅での車中泊問題

キャンピングカーの車中泊には高速のサービスエリアや道の駅を利用されるは多いですが、休憩のための仮眠は良くても、宿泊は本来は許容されておらずグレーみたいです。

キャンピングカーブームになっていることもあり、最近は道の駅での車中泊のマナーが問題になってますね。

トイレで食器を洗ったり、ゴミを大量に捨てたり、駐車場にテーブル並べて宴会したり・・・これは論外ですが・・・

交通違反にはなりませんが、この年齢になって、ルール違反、マナー違反などと言われたくないですしね。

そうは言っても道の駅で車中泊するので、500円でいいから、車中泊は有料にしてマナー良く堂々と使わせてもらったほうが、スッキリすると思うのは私だけでしょうか。

 有料か無料かは問題じゃない

北海道ツーリングをしていると、無料でも素晴らしいキャンプ場がたくさんありますし、有料でも関東の十分の一の価格です。

北海道のとあるキャンプ場(一泊500円です)では、立派なキャンピングカーに乗ってる人ほど、有料と聞くと他へ行ってしまうと言っていました。

家を載せて移動していますので、施設にお金を払うのは無駄と思うのでしょうか。私が元々キャンピングカーに良いイメージをもっていなかったのもこんなことが一因です。

一方で無料のキャンプ場には数カ月も居座るヌシのような迷惑キャンパーもいます。

素晴らしいキャンプ場にはちゃんと施設料を支払ってでも宿泊したいですし、無料でも、善意に甘える事なく、誰もが気持ち良く利用させてもらえるように努力して行きたいものです。

「くるま旅クラブ」に登録しました

最近は有料でお手軽に車中泊を楽しめるRVパークのような施設も増えてきました。

日本RV協会が、電源、トイレ、入浴施設などを備えた車中泊施設を認定しています。

この日本RV協会のキャンピングカーオーナーズクラブが「くるま旅クラブ」です。

RVパークは誰でも利用できますが、「くるま旅クラブ」に会員登録すると会員限定の以下の車中泊施設を利用できます。

湯YOUパーク

全国の旅館、ホテルの温泉をたのしみながら、その駐車場で車中泊できる

グルメパーク

全国の食事処でグルメを楽しみながら、その駐車場で車中泊できる

とれいんパーク

全国の鉄道施設で車中泊ができる

民パーク

民泊感覚で車中泊できる

まだRVパーク以外は数が少ないのと、会員限定の施設も、実際は問い合わせると会員以外も利用できることもあるようです。

当初は日本RV協会会員のビルダーで購入したキャンピングカーのみが特典付き会員の対象でしたが、現在は一般の車でも会員料金は割高になるものの会員登録ができるようになっています。

f:id:otoyan191:20200729192855j:plain

このJRVAステッカーが会員企業から購入の証明になります

会員の種類によって異なりますが、他にもキャンピングカーショー等への年一回の入場引き換え券。フェリー10%割引などの特典があります。

私の好きな新潟〜小樽行きの新日本海フェリーが割引対象になっていないのが残念ですが、メリットは大きいと思います。

プレミアム会員のメリットは実質的にはイベント入場券が年一回ではなく無制限というところですかね、私はスタンダード会員で申し込みました。

カーステイ(Carstay)

こちらは車中泊できる場所を探せるサイトです。けっこうな数の施設が登録されていています。

carstay.jp