キャンピングカーの車窓から

キャンピングカーの旅とアウトドアライフ

絶景ロード巡り四国④山岳ロード

 

f:id:otoyan191:20201111181702j:plain

《Day3》

気合十分、山岳ロード巡り!

さあ、今日からが絶景ロード巡りの本番

朝5時に起床、乾かした衣類などをパッキング

朝食はコンビニのパンをコーヒーで流し込んで七時半に出発

一番の目的である「UFOライン」「石鎚スカイライン」「天空の林道」「四国カルスト」一気に走破です

長い一日になりそう

寒さが予想されるので完全防備

f:id:otoyan191:20201109113942j:plain

【メリノウールのソックスにネオプレーンの足首カバー】

朝の国道194号線を南下します

 

f:id:otoyan191:20201109114132j:plain

【青みがかった朝の風景】

ほどなく紅葉がきれいな山の快走路に入ります

f:id:otoyan191:20201109114316j:plain

【朝もやが美しい】

f:id:otoyan191:20201109114441j:plain

【愛媛と高知をつなぐ寒風山トンネル】

このまま高知まで突っ走りたいのですが寒風山トンネルを抜けるとすぐに左折

「UFOライン」★★★★☆

UFOラインの標識が・・・ちょっと気が引き締まります

f:id:otoyan191:20201109114750j:plain

【ホントにUFOって名前なんだ】

暫く登るとUFOラインの入口に

ここに登山口があり、トイレはこの先20キロくらい無いとの注意書き

この道は4月下旬から11月上旬までしか通行できません

それだけ寒いことが予想されます

f:id:otoyan191:20201109115012j:plain

【駐車スペースもあります】

狭い道をグングン標高を上げていきます

気温もグングン下がります😱

ハンドルカバーを付けていたのですがそれでも寒いので冬のグローブに変えました

途中で何度もとまって写真

紅葉だらけできりがありません

f:id:otoyan191:20201109115127j:plain

【いい感じのトンネル】

これはどう見てもキャブコンで来るのは無理だなと思っていたらビックリ!

ライトキャブコンが登ってきました😱

f:id:otoyan191:20201109115451j:plain

【キャブコンに抜かされた!】

キャブコンの後を追うとあの有名な光景が・・・・UFOのような?

f:id:otoyan191:20201109121357j:plain

【これがUFO?】

f:id:otoyan191:20201109115704j:plain

【稜線は晴れと霧とが交互に不思議な風景】

f:id:otoyan191:20201109115846j:plain

【山頂が霧で隠れましたがこれが有名なUFOライン】

なるほど、この景色はあまりみない

人気になるのも納得

でも寒すぎてユックリ眺める余裕なし

かっ飛ばして下ります

「石鎚スカイライン」★★★★☆

途中から石鎚スカイラインに入ります

こちらは2車線の快走路

寒いことを除けば気持ちよく走れました

気持ちよく走りすぎて写真をあまり撮らないうちに終点に到着

f:id:otoyan191:20201109120108j:plain

【紅葉まっさかり】

ただ、落ち葉が多いのでコーナリングは慎重に

「モミジライン」★★★★☆

面河渓のあたりからモミジラインに変わります

f:id:otoyan191:20201109120228j:plain

【ここからモミジライン】

ツーリングマップルにはモミジラインとは書いてなかったのですが

沿道のモミジが絵のようで美しい道、けっこう気に入りました

道の駅「みかわ」で昼飯

降りたところで11時

道の駅「みかわ」の鶏五目そばで温まりました

後にここで食べておいたことに感謝することに

f:id:otoyan191:20201109120428j:plain

【寒いときは温かい蕎麦ですね】

f:id:otoyan191:20201109120651j:plain

【生きてるツガニ(モクズガニ)も売ってます】

ツガニはあの高級食材の上海ガニ(チュウゴクモクズガニ)の一種ですがこんなに安くていいの?

交通量も多い場所で祝日なのでけっこう混んでました

f:id:otoyan191:20201109120856j:plain

【駐車場も満車状態】

「天空の林道」★★★★★

道の駅「みかわ」で昼食休憩のあと

ここから国道33号を1時間くらい走って中津渓谷方面へ

中津渓谷の駐車場のおじさんがおいでをしてるのを申し訳なく無視してそのへ先へ急ぎます

目的地は「天空の林道」

明神山1540mを登山するようなルート

けっこうな急坂で、大荷物を積んだバイクの水温計が見たことのない温度に

夏ならオーバーヒートかも

パラグライダーが飛び立つスカイパークで一休み

f:id:otoyan191:20201110190122j:plain

【グーグルマップだとこの辺りが目的地】

天空の林道はツーリングマップルにはでていません

グーグルマップにはあったのですが、コメントを見ると位置がだいぶズレているらしい

頂上まであと6キロ

とにかく登っちゃえ!

道もガレて紅葉の濡れた落ち葉が絨毯になってます

f:id:otoyan191:20201110190248j:plain

【滑ってコケたら崖下へ】

引き返すことも考えましたが、あと少しと思って頑張っちゃうんですよね

苦労の末、ほぼ頂上付近の林道の入口にたどり着きました

f:id:otoyan191:20201110190417j:plain

【山の稜線へと林道が続きます】

ちょっと感動の景色

ただ林道を先に進んでも景色は開けていないので

入口付近の景色が一番良いそう

入口で写真を撮って戻るつもりがUターン場所がなく300メートルほど走ってから戻りました

f:id:otoyan191:20201110190524j:plain

【やっとUターン場所】

ここまで登って来るならジムニーか小型バイクをオススメします

40分かけて登って20分で降りました

f:id:otoyan191:20201110190723j:plain

【この高さを登って降りました】

「四国カルスト」★★★☆☆

天空の林道までの道のりが誤算で時間と体力と余裕を奪われました

バイク雑誌にはもっと楽に行けるみたいに書いてあったケド

まあ、濡れ落ち葉とオーバーヒートに苦戦したことは間違いありません

麓まで下りて中津渓谷の道の橋にバイクを停めて写真をとってヘトヘトの身体にレッドブルでドーピング

最後のファイト一発のために我が家に箱買いで常備してあるレッドブルを数本バッグに忍ばせています

www.tachikoman.com

f:id:otoyan191:20201110190826j:plain

【手前の欄干にドーピング剤が・・・】

もう14時なので、四国カルストに着くのは急いでも15時過ぎ

休憩もそこそこにダッシュ

国道439号線をひた走りショートカットルートの四国カルスト公園線に

ナビ通りのルートでしたがキャンピングカーはショートカットせず大周りした方が無難

狭いタイトコーナーの連続

またグングン標高を上げ、グングン気温は下がります

今日はこんなことの繰り返し

天狗高原に到着

日本離れした景色に感動です

f:id:otoyan191:20201110192204j:plain

【天狗高原から姫鶴平へ】

f:id:otoyan191:20201110192302j:plain

【姫鶴平方面は光が差していますが、寒そう】

天狗高原についた頃はまだよかったのですが姫鶴高原につく頃は風も強まり今日一番の冷え込み

f:id:otoyan191:20201110192433j:plain

【宿泊もできる姫鶴荘】

自販機でホットコーヒーを買おうとしたらホットは全て売り切れ😱

皆んなそそくさと車の中に戻ります

f:id:otoyan191:20201110192526j:plain

【キャンプ場も吹きっさらしの風】

誰やこんなとこでキャンプしたいなんて言うたのは!

キャンプ場にはさすがにライダーは居ませんでした

「宇和島オリエンタルホテル」へ

時刻はもうすぐ16時、今日の宿、宇和島へ

ここから70キロ弱あります

途中で道の駅「日吉夢産地」でやっとホットコーヒーを手にして休憩

f:id:otoyan191:20201110192738j:plain

【子連れのラムちゃんかと思いました】

f:id:otoyan191:20201110192820j:plain

【「鬼王丸」の母親「柚鬼媛」でした】

ナビの予定時刻を44分短縮して17時に宇和島へ

大きな夕陽が落ちていったので、宇和島港まで追いかけましたが間に合わず😩

f:id:otoyan191:20201110192653j:plain

【あと数分早ければ・・・】

17時半にホテルに入りました

普段は日帰りツーリングで500キロくらい走ることもありますが

さすがに山岳地帯ばかり280キロ走ってヘトヘト

f:id:otoyan191:20201110193317j:plain

【ホテルの後ろにでっかい雲】

f:id:otoyan191:20201110193401j:plain

【一応、小さなバイク置き場も】

宇和島の鯛めし

昼に蕎麦しか食べてないことに気付き、ホテルのフロントで店を紹介してもらい街中へ鯛めしを食べに出ました

f:id:otoyan191:20201110193454j:plain

【地方の夜は早いですね】

f:id:otoyan191:20201110193538j:plain

【郷土料理「和日輔」さんへ】

f:id:otoyan191:20201110193656j:plain

【雰囲気のいいカップルシートに通されました】

宇和島の鯛めしは鯛の漬け丼とか鯛茶漬けをイメージしてましたが予想を裏切る絶品料理

鯛の刺し身をタレと生卵と一緒に混ぜてご飯にぶっかけます

f:id:otoyan191:20201110193751j:plain

【宇和島鯛めしと伊予さつま飯の食べ比べセット】

f:id:otoyan191:20201110194027j:plain

【写真を撮る前に食べ始めちゃいました】

まさに豪快な漁師飯

メチャウマでした

伊予さつま飯は濃いとろろのようなものです

これも美味しかったけれど、ここは鯛めし一択で良かったかも

風邪も引けない

ホテルに戻っても筋肉痛と体の火照りに悩まされてなかなか寝付けませんでした

ちょっと喉も違和感が

あれだけアップダウンで気温も上がったり下がったりしたから体調崩したかな?

新型コロナじゃなくてもここで発熱したら帰りのフェリーどころかホテルも拒否されます

急に心配になってきてイブを飲んで寝ました😰

www.tachikoman.com