キャンピングカーの車窓から

キャンピングカーの旅とアウトドアライフ

LLビーンの大型トートバッグ

定番LLビーンのトート

キャンピングカーの購入記念?に妻がLLビーンのトートバッグを2つ購入しました

f:id:otoyan191:20201210173356j:plain

【妻のプレゼントなので文句は言えません】

f:id:otoyan191:20201210180057j:plain

【イニシャル刺繍入り・・・高齢夫婦の間違い防止とも】

サイズはなんとXL

容量54ℓ 重さ936g (ほぼ1キロです) 24オンスキャンパス地

生地がしっかりしてて丈夫そうです

最初見たときは大きすぎ?と思いましたが

意外にこれが便利

旅に出るときは各々が着替えから洗面道具、パソコンまでこれにどんどん入れていきます

これ積み忘れたなんてものも入れます

f:id:otoyan191:20201209193620j:plain

【がんがん放り込むだけ】

そして最後にこのトートバッグを積んで出発

マルチルームに作った棚がトートバッグ置き場になっています

www.tachikoman.com

帆布(キャンバス)とは

帆布(キャンバス)は綿や麻で織られた平織りの厚手生地のことです
日本では昔、帆船の材料として使用されていたことから「帆布(はんぷ)」と呼ばれているそう

「強度」があるので帆船の帆、テント、パラシュート、石炭運搬用袋、靴などに使用されてきました

そういえば、子供の頃我が家にあった登山用のリュックも三角テントも帆布製でした

ずっしり重くて、少しかび臭かった記憶があります

 

「帆布」と「canvas(キャンバス)」基本的に意味は同じですが、バッグや雑貨業界では微妙に内容が異なり

「帆布」は日本製のキャンバス生地に、

「canvas(キャンバス)」は海外製のキャンバス生地に 多く使用されているそう

それぞれ、厚みによって質感や価格が大きく変わり、その厚みを表す単位として「号」と「オンス(oz)」があり、

一般的に日本製は「号」

海外製は「oz(オンス)」

で表示されるそうです

製造の段階でこの厚みの基準が違うことが、意味は同じでも

日本製の「帆布」と海外製の「canvas(キャンバス)」

それぞれの取り扱いが別物になるひとつの要因となっています

 刺繍も入れられます

LLビーンはアメリカのブランドなのでトートバックは24オンスキャンバス地です

日本の帆布で言えば4号でしょうか(帆布は数字が小さいほど生地が厚くなっています)

かなり厚くてしっかりしているので、少々雑に扱っても全然平気

洗濯も出来そう

アウトドア向きです

公式ホームページを見て初めて刺繍が出来ることを知ったそうで

文字数に制限があるようですが、字体や刺繍糸の色(全50色)も選べます

有料になりますがオリジナルのバッグが欲しい方にはオススメです

www.llbean.co.jp

 らしくない記事でしたが、匂い編に続いて妻の押し記事でした

www.tachikoman.com