キャンピングカーの車窓から

キャンピングカー&バイクの旅と時々グルメ

北海道キャラバン2021夏⑦〜宗谷「白い道」と「漁師の店」のうに丼


みさき台公園の朝

北海道4日目 7月19日の朝

みさき台公園は朝日が差していました

f:id:otoyan191:20210725175847j:plain

【しょさんべつ温泉ホテルの第二駐車場はがらがら】

寝ている妻をバンクベッドに乗せたまま丘の上に移動します(公道ではないので😅)

f:id:otoyan191:20210725175947j:plain

【上の駐車場、手前のボルボはトレーラを牽引】

公園内の散策が気持ちいい

f:id:otoyan191:20210725180104j:plain

【やっとみさき台公園らしい景色】

f:id:otoyan191:20210725180405j:plain

【こちらは明らかに夜中に増えてますね】

f:id:otoyan191:20210725180514j:plain

【テント泊なら丘のうえもオススメ、もちろん無料】

f:id:otoyan191:20210725180602j:plain

【天文台で星空観察もできます】

f:id:otoyan191:20210725180705j:plain

【今朝の朝食】

北海道の天気予報

今日はオロロンラインから利尻富士が見えるでしょうか、稚内方面のみ曇予報

f:id:otoyan191:20210725184416p:plain

【これは日本気象協会の「tenki.jp」】

天気予報は「tenki.jp」「WeatherNews」「Yahoo!天気」を併用していますが微妙に予報が違うんですよ

特に北海道は天気予報があまり当てになりません

それが今日も証明されます

とりあえずオロロンラインに向けて出発

f:id:otoyan191:20210725181116j:plain

【道の駅「えんべつ富士見」で休憩、車中泊向きかも】

オトンルイ風力発電所

f:id:otoyan191:20210725180821j:plain

【有名な風景ですね】

真っ青な空か、夕焼けならもっと映えるのに、既にくもり空

3年ぶりにオロロンラインを走ってみると小型の風力発電が増えているように感じます

巨大な風力発電は設置工事もメンテも大変でしょうし

ソーラーパネルの価格が下がってくると、広大な北海道ではソーラの方がとも思いますが、冬の日照時間の短さを考えると夜も発電してくれる風力発電に軍配が上がるのでしょうかね

サロベツ原野と利尻富士

やはり今回も利尻富士は見えませんでした

3年前もみさき台公園まではピーカンだったのにサロベツ原野は霧の中でした

翌日に再挑戦してやっとみることが出来ましたが、あまり相性が良くありません

f:id:otoyan191:20210725181406j:plain

【途中の唯一の休憩所「こうほねの家」トイレは綺麗です】

今回も利尻富士は諦めです

少しくらい次回のお楽しみも残しておかないと

f:id:otoyan191:20210725181601j:plain

【宗谷方面も雲が厚い】

宗谷丘陵と白い道

ちょっと残念な気持ちで走って行くと

先の方が明るくなってきました、白い道は少し期待が持てます

道北の天気は特に変わりやすいので、ウニ丼を食べる予定だったノシャップ岬を素通りして先に急ぎました

宗谷地区の郵便局を右折して住宅地に入るとタイヤが白くなった車が降りてきます

白い道は砕いたホタテの貝殻が敷き詰めてあるんです

(注)以前バイクで走ったことがあるのでこちらから進入しましたが、稚内観光情報を見ると宗谷岬からの今回と逆ルートを推奨していました、後で気付きました、スミマセン😅

期待して坂を登るとなんとお日様が出てきました

妻も興奮して撮影しまくりです

f:id:otoyan191:20210725182320j:plain

【奇跡的に青空も・・・】

f:id:otoyan191:20210725182434j:plain

【バックに海も見えます】

f:id:otoyan191:20210725182625j:plain

【公式にはこちらから入るのを推奨されています】

宗谷岬とエゾシカ

宗谷岬に降りるとまた曇に

若者のグループにシャッターをお願いされ

その後、彼らに撮ってもらいました

f:id:otoyan191:20210725182912j:plain

【お約束の写真】

車に戻ると鹿が

f:id:otoyan191:20210725183003p:plain

【妻が走って撮りに行きました】

なんかツイてる日です

「漁師の店」のウニ丼

ツキに任せて先ほど素通りしたノシャップ岬のウニ丼に戻ることに

40キロ弱ですが北海道だとあっという間です

ライダーに人気の「樺太食堂」の近くのちょっと路地を入ったところにあります

f:id:otoyan191:20210725183826j:plain

【やっぱりバイカーは穴場を知ってますね】

左の店で注文して右の食事処で食べます

向かいにも駐車場がありますのでキャブコンも大丈夫

f:id:otoyan191:20210725194157j:plain

【とりあえずドーンと】

f:id:otoyan191:20210725184224j:plain

【なんとすまし汁付きで1800円】

味も価格も大満足でした

また晴れたのでノシャップ岬でひと休み

f:id:otoyan191:20210725184324j:plain

【天気の変化が目まぐるしい】

今日はこれからオホーツク海側を走りクッチャロ湖畔キャンプ場で泊まる予定

盛りだくさんなので次回に続きます

続く

www.tachikoman.com