キャンピングカーの車窓から

キャンピングカー&バイクの旅と時々グルメ

早春の信州めぐりフリーパスの旅2022⑤安曇野のわさび農場へ

最後に花桃をもう一度

二日目の朝

さすがに土曜日なので、前泊のキャンピングカーもちらほら

【第5Pの夜は静かに過ごせました】

起きるとすぐに第1Pに移動

昨日の間に開花が更に進んだので、最後にもう一度ビューポイントへ

【まずは朝食】

【さすがに今日はカメラマン多い】

【映えます】
【左が昨日、更に色が濃くなりました】

もう花桃でお腹いっぱい

次にどこに行こうか?

折角の周遊プランなので

安曇野へ向かうことにしました

中央道「駒ヶ岳サービスエリア」

【洒落た建物と駒ヶ岳】

【いきなりわさびコロッケ】

【ツンとくるほどではありませんが、わさびの香り】

【馬肉のくんせいをゲット】

【そしてやっぱりこれでしょ】

この栗きんとんを初めて食べたときは衝撃でした

正月に食べる栗きんとんとは全く別の食べ物です

栗の香りが口いっぱいに広がります

【こういうディップものに弱い】

【お土産です。他に事件のお詫びの品もありますし・・・】

【そして仕上げはこちら】

【牧場らしい濃厚なソフトでした】

この日は25℃を超える暑さでしたが、このサービスエリアは標高が高いのか空気がひんやり

安曇野そば「一休庵」

安曇野と言えば戸隠と並ぶそば処

穂高駅そばの「一休庵」へ

【向かいの駐車場にキャンピングカーも駐車可】

【いい雰囲気】

【私はサーモン丼付の一休庵セット】

【妻はわさびの茎そばとフキノトウの天ぷら】

どれも美味しかったです

そばつゆはかなり濃いめでちょっとだけ付ければ十分

私はどちらかというとそばつゆにどぼっと浸けたいので、そこだけが残念

サーモン丼はごはんにかかっているタレが美味

大王わさび農場

安曇野観光のメインはこちら

【入場無料】

【600円から】

昔、そば打ちが趣味だったので、鮫皮のおろし金を買って、伊豆の生わさびをおろして食べました

味はあまり覚えてないのは期待したほどではなかったのでしょう

【こいつは必須ですが後で・・・】

【見学コースが整備されています】

【この澄んだ湧き水がわさびの命】

北海道で行った六花の森を思い出しました

【丸々太ったニジマスたち】

【見渡す限りわさび畑】

【八面大王を祀る祠】

その昔、安曇野を治めていた八面大王という首領が

中央政権に苦しめられる農民のために坂上田村麻呂率いる軍と戦い

倒されてしまいました

怪力無双であった八面大王の復活をおそれ、遺体はバラバラにされ

胴体がこの一角に埋められたそう

「大王農場」の名前もこの故事にちなんでつけられたそうです

【隣には展望台】

【アルプスを一望】

大王生わさびプレミアムソフトクリーム

【仕上げはこれ】

伊豆の道の駅「天城越え」で食べたわさびソフトも絶品でしたが

これはソフトにまでわさびが練りこんであります

添えられた生わさびを付けながら食べると、濃厚なソフトにさわやかさが広がり

他では味わえない美味しさでした

【好物のわさび漬け】

今晩は久々にごはんを炊いてわさび漬けで食べよう

続く


www.youtube.com