キャンピングカーの車窓から

キャンピングカー&バイクの旅と時々グルメ

ジャパンキャンピングカーショー2024①〜国産デュカトキャンパーの進化を探る

 本ページはプロモーションが含まれています

6回目のジャパンキャンピングカーショー

我が家の幕張通いも2019年から連続6回目

歳とるわけだ

今年も混雑を避けるため日曜日の午後に行きました

コルドバンクスではなく

お別れが決まっているベンちゃんで

到着は12時半頃

【お披露目会場は年々拡大している模様】

いつも途中で暑くなり上着が邪魔になるので

寒空の中、出来るだけ薄着で会場へ急ぎました

【入場は全く並ぶことなく】

今年のデュカトのニューモデルは残念ながら

多くがL3H2モデル(全長6m)
家を買い替えないと駐車場には入りません

 

昨年デビューのデュカトレポートはこちらから

 

東和モータース SPERANZA スペランツァ

【TOWAは輸入車に強いイメージ】

【ナッツRVのOEMです】

今回は簡単に言うと3モデル

カッコ内はナッツの名称

・600TM 運転席回転対座ダイネット+マルチルーム+ツインベッド (Tタイプ)

・600LM L字ソファー+マルチルーム+ダブルベッド(Lタイプ)

・600Tl  ベンチシートソファー+ツインベッド(TLタイプ)

 

600TM

【ノーマルレイアウト】

6mでもダイネットは狭いし、サードシートも座面が短い

【ボーダーバンクス譲りのツインベッド】

【収納スペースはさすがに広大】

これをL2H2(5.4m)でセミダブルベッドで作って欲しい・・・

 

600LM

【運転席、助手席の回転は使いません】

L字ソファのダイネット

運転席と助手席を背もたれにする感じです

このモデルが一番斬新かな

ソファーの座り心地も悪くない

【マルチルームもあります】

【ダブルベッドのマットレスが薄いのはなんで?】

この価格で、ウッドスプリングも無し

マットレスも薄いんじゃないの?

大きな荷物も積めるようにマットレスを分割して外せるようになっていますが

それは寝心地を悪くする理由にならないでしょう

【あと残念なのがこの荷室の扉】

荷物動かさないとドアを開けることができない

【トイのシャッター式が正解でしょう】

惜しいところがいくつかあります

 

600Tl

【運転席は回転できない】

【ゆったりめのソファー、マルチルームレス】

【当然、荷室は広大】

 

L字ソファーのタイプが一番良さそう

マットレスさえ改善されれば・・・

 

因みにナッツRVと同じレイアウトですが

東和モータースで購入するメリットは?

ズバリ、デュカトのメンテナンスノウハウでしょう

全国の店舗に整備工場を持ち、デスレフの輸入車も扱っているので

故障時の対応もナッツRVより期待ができそうです

 

ナッツRV ZEGNIA ゼニア

基本は東和モータースと同じなので省略しますが

ナッツは自由に乗車できたので

写真を中心に紹介します

【1,2位を争う広いブース】

【すっかりナッツの顔ですね】

 

Tタイプ

【助手席回転しても足が床に届かない(^^;)】

【ちなみにトイです、違いが分かります?】

先ほどの格納庫のシャッターもそうですが

ちょっとしたところがトイは良く考えてあります

 

Lタイプ

【使い良さそうなダイネット】

【広さは十分なダブルベッド】

【バンク部分も扉が付きました】

【シンク下収納は少ない、リヤ収納への扉も無し】

【ほら、シャッターじゃないから自転車があると扉が開かない】

頑張れナッツ!

 

TLタイプ

【これも助手席は足が床に届かない】

【高級感はありますね】

【階段も収納庫に】

以上ナッツRVの新作でした

 

【やっぱり駐車スペースさえあればこっちだな】

 

ユーロトイ DA VINCI ダヴィンチ

トイファクトリーは

デュカトの「ユーロトイ」

ハイエースの「トイファクトリー」

二つのブースを合わせるとナッツやバンテックと同じくらいのスペースでした

【デュカトへの力の入れ方ハンパない】

 

DA VINCI LUSSO 6.0

【アグチの特別仕様】

【マルチルームあり】

【これは文句ないわ】

【お値段もそうなりますね】

 

DA VINCI 5.4

回転対座ダイネット+マルチルーム+二段ベッド

【こちらは昨年展示のなかった5.4m2段ベッド仕様】

【ちゃんと足が届きます】

【セカンドシートもしっかり独立シート】

【キッチン下収納もたっぷり】

【マルチルームもハイセンス】

【2段ベッドもウッドスプリング】

【収納庫はちょっと狭いです】

【まあ妥当かな】

他ビルダーと比べてもトイの本気度を感じます

バンコントップビルダーの意地でしょうか

 

ホワイトハウス VERONA ヴェローナ

昨年のジャパンキャンピングカーショーには間に合わなかったのですが

今回はブースも広くて気合入ってました

【バンコンの他、パーツ取扱いも豊富】

 

VERONA

【メインになるバンコンです】

【これも足は届きます、セカンドシートも深い】

【二段ベッドとキッチン】

【リヤにマルチルーム】

【トイレが隠れてます】

ちょっと岡モータースのグランクルーズに似たレイアウト

 

ホワイトハウスの遊びクルマ

【こんな遊び車もありました】

【バイク2台余裕】

 

【オーストリアのキャンパーも】

【アングラーの憧れ】

 

結局のところデュカトで選ぶのは難しい

国産ビルダーのデュカトバンコン

一昨年までは期待していたのですが

 

欧州コンパクトにあるような

・対座ダイネット+マルチルーム+ダブルベッド

これを5.4mに押込むのは何かを犠牲にしなくてはなりません

 

・ダイネットをキツキツに詰めて、セカンドシートもお子様サイズ

・マルチルームレスで我慢

・ダブルベッドは諦めて2段ベッドで我慢 等々

 

ナッツRVの

・リヤにダイネット+昇降式ダブルベッド

のように苦肉の策にならざるを得ないんでしょう

 

あと、各ビルダーを見学した後

少なくなった並行輸入デュカト(アドリアとかローラーチーム)

を改めて見ると

 

内装の雰囲気は

・並行輸入車は「高級ホテル仕様」

・国産は「人気ペンション風」

・唯一、トイファクトリーが「デザイナーズホテル風」

といった感じ

価格は下に行くほど高価です

好みの問題でもありますが

生産台数の差による部材の仕入れコストの差は歴然

 

トイのブースでは

「数年後にはデュカトキャンパーが国内で中心になる」

と話す販売員もいましたけど

やっぱり国内サイズで満足できる仕様は

キャブオーバタイプのキャブコンかなと思うのでした