キャンピングカーの車窓から

キャンピングカーの旅とアウトドアライフ

楽天モバイルで最強の車中泊仕様に

実質無料の楽天モバイルを活用した車中泊の旅に最適なWi-Fi環境を紹介します。

※ポイント還元の条件は変更になる場合がありますので、申込みページを確認のうえ自己責任でお願いします。

Rakuten UN-LIMIT(ラクテンアンリミット)とは

楽天モバイル の料金プランは「Rakuten UN-LIMIT(ラクテンアンリミット)」のみ。

その主な内容は

①楽天回線エリア 完全データ使い放題

②パートナー回線エリア データ容量 5GB/ 月 GB
 ※5GB使い切っても、最大1Mbps で使い放題

③Rakuten Linkアプリ利用で国内通話かけ放題

④海外指定66の国と地域グローバル無料

⑤料金2980円/月(税別)→1年間無料
 ※いつでも解約可能、解約料は一切かからない

この回線をWi-Fiのホットスポットとして他の機器に繋ぎます。

車中泊の旅では使い放題にならない

楽天回線エリアはデータ使い放題なのですが、正直、都市部以外は使えるエリアがまだ少ないです。

都市部で楽天回線エリアにお住まいの方なら、家のWi-Fiをこれに替えることもできますし、通勤中に動画を見るとかも十分可能です。

しかしながら、郊外の車中泊場所ではほとんどの場合パートナー回線エリアになります。

パートナー回線エリアはau(KDDI)の回線なのでよっぽどのへき地でなければ全国で使うことができます。

このことから、車中泊の旅においては、データー使い放題ではなく、ほとんどは5GB/月の制限がかかります。

今後、楽天回線エリアが広がると思いますが、先行大手に追付くにはしばらく時間がかかりそうな気がします。

最近は拡大予定エリアも表示されるようになりました。

network.mobile.rakuten.co.jp

 

スマホは「OPPO A5 2020」を選択

メインで使っているドコモ回線を変えるつもりはないので、MNP(電話番号乗換え)ではなく新規で回線「Rakuten UN-LIMIT」とスマホ「OPPO A5 2020」をセットで申込みました。

「OPPO A5 2020」を選んだ理由は後述します。

f:id:otoyan191:20200928181726j:plain

【液晶は6.5インチと大画面ですが、解像度はいまひとつ】

f:id:otoyan191:20200928181957j:plain

【液晶フィルムもケースも付属しています、色はグリーンを選択】
かかる費用(税込)は

OPPO A5 2020: 22,020円

事務手数料:3,300円

オンライン申込: -3,000P

事務手数料全額還元:-3,300P

端末ポイント還元:-20,000P

合計 -980P

 

合計25,320円支払い26,300ポイント還元となります。

私の場合、楽天ポイントは出光のガソリンスタンドで使いますのですぐに消化できます。

ポイント還元の条件

他のプランも同様ですが、ポイント還元を受けるには申込みの翌月末までに「Rakuten Link」を用いて次の2点を必ず行う必要があります。

・「Rakuten Link」を用いた発信で10秒以上の通話

・「Rakuten Link」を用いたメッセージ送信を1回以上

 忘れないように届いたら直ぐに開通手続きをしてこの2点を行えば間違いないです。

 

暫く使う予定がないので一年間無料の恩恵を先延ばしするのに開通日を遅らせたい方もいるかもしれません。

しかしながら、開通日は

新規お申し込みの場合:プラン(SIMカード、eSIM)が開通した日、または楽天に配送完了データが通知された日のいずれか早い方

となりますので、開通手続きを先延ばししても無料期間は変わりません。

 

 家族名義でSIMを追加

パートナー回線エリアだと高速データは5GB/月 までしか使えないので、家族名義で新規回線だけ追加申込みました。

かかる費用(税込)は

事務手数料:3,300円

オンライン申込: -3,000P

事務手数料全額還元:-3,300P

合計-3,000P

 

3,300円支払い6,300ポイント還元です。

申し込むとSIMカードが送られてきます。

以前使っていたSIMフリーのスマホやモバイルルーターがあったのでこちらでも使えるかと試したのですが、楽天回線エリアでしか使えませんでした。

意外に制約があるようなので、手持ちの機種を使う場合は確認が必要です

network.mobile.rakuten.co.jp

 

「OPPO A5 2020」が車中泊に最適なワケ

他の機種もポイント還元含め比較したのですが、この機種が車中泊の旅に最適と判断した理由は以下の通り

5,000mAh!大容量バッテリー

本体は大柄なのですがキャンピングカーに積んでおくのであればデメリットにはなりません。

その分大容量バッテリーを搭載していて、単独でもWi-Fiのホットスポットとして長時間使えることがメリットとなります。

リバース充電により、他のスマートフォンやタブレットへの充電も可能なほどです。

WiFiブリッジモード搭載

旅先では道の駅やコンビニ(セブンスポット等)でフリーWi-Fiを使うこともあると思います。

スマホやタブレット、ノートパソコンやアマゾンエコーなどを全て「OPPO A5 2020」に接続しておけば、「OPPO A5 2020」をフリーWiFiに接続するだけで、各機器をいちいちフリーWiFiに接続し直す手間が省けます。

この機能はない機種が多いのですが、旅先ではかなり役立ちます。

f:id:otoyan191:20200928182139j:plain

【パーソナルホットスポット(一般的にテザリングと呼ばれているもの)に加えてWi-Fiブリッジモードがあります】

 

デュアルSIM仕様

nanoSIMを2枚セットすることが出来て、その切替もワンタッチでできます。

パートナー回線は5GB/月なので、家族名義で申込んだSIMも装備しました。

スマホ1台でパートナー回線10GB/月の環境が構築できました。

f:id:otoyan191:20200928182438j:plain

【MicroSDカード+nanoSIM×2枚入ります】

f:id:otoyan191:20200928182616j:plain

【SIMの切替は「データーカードの切り替え」ボタンでワンタッチ】
実質無料

なんといっても本体価格以上のポイント還元があり実質無料で手に入りますのでメリット以外ありません。

 

でも「Rukuten mini」も欲しい

車中泊仕様は出来たのですが、どうしても「Rukuten mini」が欲しくて、別の家族名義で申込みました。

世界最小、最軽量スマホって言われるとね。

f:id:otoyan191:20200928182739j:plain

【遊び用なのでレッドにしました】

f:id:otoyan191:20200928182838j:plain

【OPPOと比べるとコンパクトさが分かります】
かかる費用(税込)は

Rukuten mini :18,700円

事務手数料:3,300円

オンライン申込: -3,000P

事務手数料全額還元:-3,300P

端末ポイント還元:-15,700P

合計 0P

 

合計22,000円支払い22,000ポイント還元となります。

ホントに小さいのですが、しっかりテザリングもできておサイフケータイも付いています。

山登りのお供やお財布代わりにしてもいいかも。

車中泊の旅で万一10GBを使い切ったときのバックアップとしても使えます。

ただ、小型な分バッテリーの持ちは良くありません。

SIMカードではなくeSIMなのでSIMカードをほかのスマホに挿して使うことはできません。

バッテリー残量には注意が必要です。

 

一年経ったら

一年の無料期間が終わったら、1回線だけ継続することを考えていますが、そのときの楽天回線エリアがどこまで拡大しているか次第ですね。

 

なお、楽天モバイルには紹介制度があります。

紹介した回線には3000ポイント、紹介された回線には特典ポイントに加えて2000ポイントが入ります。

申込み内容の確認ページで紹介コード(楽天モバイルID)を入力するだけです。

ブログやツイッターで紹介コードが出回っていますが、一つの紹介コードに対して5回までしか使えませんので、すでに無効な紹介コードの可能性があります。

もしご要望があればブログの下(PCの場合はサイドバー)にある「お問い合わせ」で「紹介コード希望」とご連絡下さい。

数に限りはありますが私の紹介コードをメールでご連絡させていただきます。

お名前はニックネームでも結構です。

network.mobile.rakuten.co.jp