キャンピングカーの車窓から

キャンピングカーの旅とアウトドアライフ

絶景ロード巡り四国⑧徳島からフェリー

 

f:id:otoyan191:20201111181853j:plain

《Day7》

四国最後の朝

やはり朝から雨

でも思ったほどではなく小雨ていど

九時に出発することにして軽朝食

この前の雨でサイドバックのカバーに懲りたので

カバーはかけず中の荷物を防水袋で包みました

足りない分はホテルのランドリー袋

一応、前回の教訓を活かした雨装備で出発

徳島に近づくに連れて雨は上がりました

10時前にフェリー乗り場に到着

f:id:otoyan191:20201113195912j:plain

【スクーター多いですね】

また、3000円分の地域共通クーポン券を貰ったのですが、地域は東京都とその隣接県

有効期限は明日まで

でも東京に到着が明日6時です😩

まあ、帰ってからさいたまで使えるところ探すか

ヤフートラベルvs楽天トラベル

私はホテル予約はヤフートラベル派でたまにAgodaを併用

ヤフートラベルは実際は一休.comに繋ぐことが多いです

今回の旅も前半はヤフートラベルでした

四万十辺りから何故か楽天トラベルの方が種類も多く価格も断然安くなったので後半は楽天トラベル一択でした

特に今回、楽天トラベルで良かったのは

地域共通クーポンがホテルの受付で紙で貰えることです

一休.comは電子クーポンになります

地域共通クーポンは紙のクーポン券と電子クーポンの2種類ですがコンビニなど紙しか使えないところが圧倒的に多いです

両方使えるところもありますが、電子クーポンのみの店は見たことありません

電子クーポンが使える店は限られていて、期限も短いので無駄な買物をする羽目になりがちでした

ご年配の方とかは電子クーポンの使い方も解りにくいと思います

GoToの落とし穴

大変お世話になったGoToキャンペーンですがキャンセル料に落とし穴が

鳴門のホテルを前日にキャンセルして阿南のホテルに変更したときのこと

GoToは100の宿泊料金が65になって15のクーポンが貰える大変お得な制度ですが

前日キャンセル料50%の場合は100に50%がかかります

あくまで元の宿泊料は100ですのでやむを得ないのですが

65の支払予定がキャンセル料50になり実質77%

同様に当日キャンセル料100%の場合は65の支払予定がキャセル料100となり実質153%

支払予定額よりキャンセル料が高くなります

キャンセルは慎重に

一週間ぶりの帰宅

翌朝は5時半に館内放送で目が覚めました

あと30分で着岸じゃん💦

f:id:otoyan191:20201113200022j:plain

【一週間ぶりの東京湾】

急いで下船の準備をしてパンとコーヒーを飲み(ちゃんと飯は食うんかい😩)

無事下船

f:id:otoyan191:20201113200106j:plain

【バイクは最後です】

朝の空いている首都高を気持ちよく走り

7時前に帰宅

マンションの方にも迷惑にならないよう早めにエンジンを切りました。

日曜の朝なので家族は全員就寝中😅

しょうがないのでマメを起こして餌をやり、シャワーを浴びてサッパリ

f:id:otoyan191:20201115182447j:plain

【起きてくれたのはマメだけ】

海沿いを走りまくったバイクを洗車してやっとひと休み

3000円の地域共通クーポンは近くのドラッグストアで洗剤などの日用品に消費されました😂

四万十からツガニが届く

四万十で購入した冷凍ツガニは前日に無事届いていました

f:id:otoyan191:20201113200145j:plain

【10杯も入ってました】

夜、海水程度の塩水で茹でました

f:id:otoyan191:20201113200234j:plain

【いい色になりました】

オスは爪が大きく爪に藻屑のような毛が沢山

爪の肉が美味しかったです

メスは爪は小さいのですが、カニ味噌が濃くて

甘くて美味しい

家族四人無言のひとときでした

旅を終えて

初めての四国ツーリングでしたが絶景の道から道に渡り歩くのは思ったよりハードでした

目的が達成できたので満足ですが、今度はユックリ温泉旅かな

後はこの新型コロナ下でも細心の注意を払えば旅ができることを確信しました

f:id:otoyan191:20201113200404j:plain

【以前、初車中泊した道の駅で購入したアルコールをダイソーのアルコール用スプレー容器で常に携帯】

www.tachikoman.com

一方で、新型コロナかインフルかただの風邪かに関わらず、発熱したら泊まるところもなくフェリーに乗ることも出来ない

改めて不安を感じながらの旅であった事も確かです

全てを自分一人で解決しなければならないソロツーリングならではの大変さと楽しさを久々に実感した旅でした