キャンピングカーの車窓から

キャンピングカー&バイクの旅と時々グルメ

バターコーヒーのダイエット効果5年間続けた理由と実感は?

緊急事態宣言で旅blogが書けないので、ちょっと寄り道テーマ

コーヒーは苦手でした

元々コーヒーが苦手でした

味は嫌いじゃないのですが、飲み終わった後に口に残る感じがダメ

仕事でお客さんのところで出されれば飲むのですが

もっぱら紅茶を好んで飲んでました(紅茶の方が高貴な感じでしょ?)

親しいお客さんだと私だけ特別に紅茶を用意してくれたりして

それが40代半ばに単身赴任してから何故かコーヒー派になりました

不思議です、独りにはコーヒーが合うのか?

シリコンバレー式自分を変える最強の食事

バターコーヒーって聞いたことありますか?

5年前ほどに流行りました

「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」という本が全米ベストセラーになって

2015年に日本でもベストセラーになりました 

シリコンバレー式 自分を変える最強の食事
 

 ミーハーな私は早速これを読んで試してみました

飽きっぽい私には珍しく今でも続いています

ダイエット効果の真偽のほどは?

IT企業家の著者が、15年間で30万ドルもの私財を投じ、世界中のダイエット法を自分のカラダで徹底的に検証した結果編み出した食事方法で、50kgの減量、IQ20ポイントアップという結果を出したというもの

ハリウッドスターやトップアスリートもこの食事法を実践しブームとなりました

元々太ってはいなかったのでダイエットよりも集中力などのパフォーマンスアップも図れるところに惹かれました

でも、ちょっと胡散臭いでしょ?

その通りあやしいです

そもそもこの本に書かれていることを全て実践すると、その辺のスーパーで購入したものは食べられなくなるので、一番効果がありそうなバターコーヒーだけ試してみました

バターコーヒーの効果のポイント

・チベットの人々はヤクのバター茶を飲んでこの空気の薄い地域で元気に活動できることからヒントを得た

・コーヒーのポリフェノールは最強の抗酸化作用を持ち、カフェインは脳炎を抑える

・良質な脂肪(バター、MCTオイル)はクリーンに燃焼するエネルギーで最大限のパフォーマンスを発揮させてくれる

栄養学的にはこのようなことですが、これに加えて

ケトン体とケトーシス

ケトン体ダイエットとか有名で関連書籍もたくさん出ています

 これも健康オタクの人しか聞いたことないかもしれません

人間は飢餓状態になるとケトン体が増えて糖や炭水化物よりも蓄えた脂肪を優先して燃やすケトーシス状況になります

ケトーシスは脂肪を燃やすダイエット効果だけでなく、血糖値を安定させ集中力を増すなどいいことづくめなのですが

飢餓状態になるためには16時間以上のプチ断食をする必要があります

20時に夕飯を食べると16時間後は12時の昼食になってしまいます

でも、午前中のパフォーマンスアップには朝食抜きはよろしくない

朝バターコーヒーだけにすると脂肪分でエネルギーは補給されるけれど身体は食事と認識しない(断食が続く)というもの

つまり20時に夕食を食べて朝はバターコーヒーだけにし、昼食を12時にすれば毎日プチ断食となり楽にケトーシス状態になれるということ

私の経験談、医者が驚いた実話

ますます怪しいですよね

ネットでバターコーヒーを検索すると体重が減った報告がたくさん出てきますが、私は元々それほど太っていないので、若干体重は減りましたが、その効果は計りかねていました

でもこのバターコーヒー生活を暫く続けた後、病院で血液検査と尿検査を受ける機会があり、医者にケトンがでていると言われました

医者がこれは普通、飢餓状態のようによっぽど疲労した状態でなければ出ないんだけど何かありました?

と言われました

当然ダイエットも断食もしていないし、疲れもありません

この事実があってちょっとハマっちゃったわけです

実際の効果は?

毎朝、私と長女の2人はバターコーヒーのみの生活、早起きの私が作っています

妻は朝は絶対パンを食べると言って付き合いません

長女もコロナ前は都内の有名店を片っ端から予約して、焼肉からスイーツまで行き尽くす勢いでグルメ三昧していましたが体重は維持できています

信じるか信じないかは貴方次第(某局の特番みたいです(笑))

でも、無理している訳ではなくバターコーヒーが美味しく無理なく続けられるからやっています

土日はパンを食べてますし、キャンピングカーの旅blogをご覧になれば旅先では食べ過ぎぐらいに朝食はたっぷりです

バターコーヒーの作り方レシピ

準備するもの(今は慣れましたが最初は結構面倒です)

・フレンチプレス(ペーパーフィルターだと大切なコーヒーオイルが紙に吸収されてしまうので金属フィルターのコーヒープレスが必要)

・ブレンダー(コーヒーとバターを混ぜてクリーミーなミセルという状態にする)

・オーガニックコーヒー(良質のオーガニックコーヒーが必須)

・グラスフェッドバター(穀物ではなく牧草で育てた牛の乳で作ったバター、ギーという澄ましバターでも可)

・MCTオイル(ココナッツオイルやパーム油から抽出した中連鎖脂肪酸)

・ココナッツミルク(これはミルク代わり)

f:id:otoyan191:20210108182747j:plain

【材料は成城石井やカルディでも手に入ります】

 

f:id:otoyan191:20210113182029j:plain

【フレンチプレスを温めて】

 

f:id:otoyan191:20210113182131j:plain

【レギュラーコーヒーを30秒蒸らします】

f:id:otoyan191:20210113182240j:plain

【フレンチプレスに湯を満たし、アレクサ4分計って!】

f:id:otoyan191:20210113182405j:plain

【MCTオイル大さじ1、バター10g、ココナツミルク大さじ3とブレンド】

f:id:otoyan191:20210113182558j:plain

【クリーミーなバターコーヒーの出来上がり】

 手っ取り早くインスタントもあります

美味しいようですが効果のほどは不明